浮腫み(むくみ)

睡眠不足や塩分の摂りすぎ、夕方以降の足の浮腫みなど、日常的に感じている浮腫みにも何らかの病気が隠れている可能性があります。ご自身が経験したことがある浮腫みのタイプがどのようなものか、チェックしてみましょう。





浮腫みとは?

身体の約6割は水分でできていて、その水分のうちの3分の2は細胞の中、残り3分の1は細胞の外に存在します。細胞の外では、血液に含まれる水分(血漿やリンパ液)と細胞の間を埋めている水分(間質液)に分けられます。これらの水分は細胞や血管の中を行き来して、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去したりしていますが、基本的には体内の水分の配分が変わることはありません。しかし、このバランスが崩れ、細胞の間に水分が溜まってしまったり、血液中の水分が血管の外に異常に漏れてしまう事があり、それが浮腫みとなるのです。

浮腫みの原因と治療

浮腫みの特徴として大きく2つに分けると、指で数秒押して放した時、へこんだまま痕が戻らないのが「圧痕性」、すぐに痕が戻るのが「非圧痕性」と言います。例えば、夕方以降など、靴下の痕が残っているのが圧痕性と言えます。むくみが足だけでなく、他に身体の不調があれば何らか内臓の病気が隠れている可能性があります。

圧痕性の浮腫みで代表的なものに「心臓」「肝臓」「腎臓」由来があります。 心臓は全身の血液循環に関与しており、その循環機能が低下してしまうと全身に血液が送れなくなり、水分が停滞し浮腫みが現れます。 肝臓はアルブミンというタンパク質を作る臓器で、アルブミンは血液中(血清)の総タンパク質の約6割を占め、血液中の水分を一定に保つ役割があります。肝臓の機能が低下してアルブミンが少なくなると、血液中の水分が血管の外へ出やすくなり、浮腫みが現れます。 腎臓は身体の水分を調節し、老廃物を尿として排泄します。腎臓の機能が低下すると、身体の中の余分な水分を尿として排出できなくなり、それにより浮腫みがあらわれます。

非圧痕性では「甲状腺機能低下症」があります。 甲状腺ホルモンの産生・分泌が低下し、寒がりになる、皮膚の乾燥、汗をかきにくくなる、便秘、浮腫み、体重増加、眠たくなるなどの症状をきたす病気です。異常な浮腫みを感じたら、医師に相談することをおすすめします。

病気以外に不快を感じる程度の浮腫みには、やはり血行を良くすることが大切です。マッサージやストレッチ、浮腫んだ部分を上に上げるなどをすれば自然に解消していきます。軽い運動を日常的に取り入れ、毎日湯船に浸かって血行を促進し、食事では塩分を控えカリウムを多く含む食材を摂っていくと良いでしょう。弾性ストッキングを着用するのもいいですが、過度な締め付けになるような物は避けましょう。

中医学で考える浮腫み

中医学において、浮腫みは「肺」と「脾(ひ)」と「腎」に深い関わりがあります。 飲食をすると、「脾」が栄養になるものと老廃物に分け、必要な水分を身体の上部へと送り、「肺」が送られてきた水分を全身にくまなく散布し、身体を潤します(一部は汗として排出)。全身を巡った水分を「腎」が回収し、いらないものは膀胱へ、必要なものは再利用します。なんらかの原因でこれら内臓の働きが悪くなると浮腫みが発生します。



タイプ別鍼灸治療

1.脾虚(ひきょ)
胃腸虚弱や慢性疲労により生じるタイプで、身体全体が浮腫み、疲れると悪化する。
随伴症状:身体が重だるい、食欲不振、胃もたれ、軟便、下痢、無理なダイエットで食事量が少ない、偏食、疲れやすい など。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)陰陵泉(いんりょうせん)など。

2.肺熱(はいねつ)
風邪などの外邪(自然環境の変化)により生じるタイプで、顔面や上半身が浮腫みやすい。
随伴症状:鼻水や鼻づまり、咳や痰が出る、皮膚炎 など。
おすすめのツボ:大椎(だいつい)、風門(ふうもん)など。

3.腎虚(じんきょ)
加齢や過労により生じるタイプで、顔面または下半身が特に浮腫み、指で押した痕がすぐに戻らない。
随伴症状:足腰のだるさ、腰痛、排尿トラブル など。
おすすめのツボ:腎兪(じんゆ)関元(かんげん)など。

4.痰湿(たんしつ)
湿気や水分の過剰摂取により生じるタイプで、梅雨の時期や雨天時に特に浮腫む。
随伴症状:体が重だるい、頭重、痰が多い、めまい、耳鳴り など。
おすすめのツボ:陰陵泉(いんりょうせん)豊隆(ほうりゅう)など。

5.血瘀(けつお)
血行不良により生じるタイプ。運動不足や座りっぱなしなどで浮腫みやすい。
随伴症状:下肢静脈瘤、肩こり、頭痛、関節痛、目の下のクマ、肌のくすみやシミ など。
おすすめのツボ:三陰交(さんいんこう)血海(けっかい)など。



 ※暮らしのアドバイス

塩分の多いものを食べすぎないようにしましょう
水分の摂りすぎに気をつけましょう
ストレッチやマッサージ、適度な運動をして血行を良くしましょう
入浴により適度に発汗しましょう
体を冷やさないようにしましょう