四十肩・五十肩(肩周囲関節炎)

肩が痛い…。肩が挙がらない…。夜間の痛みで眠れなかったり、肩を思うように動かせなかったり、四十肩・五十肩は一般的に長期化しやすく日常生活に支障をきたします。





四十肩・五十肩とは?

40歳~50歳代に好発し、加齢による肩関節とその周囲組織の機能の減退がベースにあります。症状は、肩の痛みと運動制限が主です。発症初期は肩の痛みや夜間の痛みが強く、徐々に痛みの鎮静化とともに肩関節の拘縮が起こり、運動制限が顕著になります。



四十肩・五十肩の検査と治療法

四十肩・五十肩の診断には、感染症や外傷などの明確な原因がなく、MRIなどの画像診断で腱板(肩甲骨と腕の骨上腕骨をつなぐ)に損傷がないことを確認します。また、四十肩・五十肩と同じように肩関節周囲組織の傷害に起因するものもあるため、鑑別が必要です。一般的に、腱板炎などの炎症が悪化し、周囲組織の癒着など器質的変化が起きて関節拘縮した状態を「四十肩・五十肩」と言います。
治療は、患部の安静、服用や注射による痛みのコントロール、運動療法が行われます。肩が痛くて挙げられない・動かせない状態は、頸肩周辺の抹消性神経障害や関節リウマチなどの炎症性疾患、肩周辺の腫瘍などでも見られるため、肩の熱感やしびれ、激しい痛みがあるときは注意が必要です。

中医学で考える四十肩・五十肩

中医学では、50歳代前後になると、もともと体に備わっている抵抗力や免疫力が不足して、外界からの邪気(風・寒・湿など)の侵入を受けやすくなると考えられています。これらの邪気の侵入により血流が滞るため、痛みが発生する原因となります。



また、生命力の源である腎の精気「腎精(じんせい)」は、20~30歳代でピークをむかえ、40歳を過ぎると徐々に衰えていきます。腎精が衰えると、外の刺激から体を守るバリア力も衰え、外邪の侵入を容易にします。そのため、冷たい風や雨にあたるなどをきっかけに外邪が侵入し、気血の流れを滞らせ、肩の痛みを生じさせます。肩の痛みが長引くと、さらに局部に気血が巡らなくなり、関節は拘縮して肩を挙げることが出来なくなります。

四十肩・五十肩の鍼灸治療

四十肩・五十肩は、外界からの邪気の侵入や血流が滞ることにより、肩局部の経絡が巡らず、いわゆる「不通則痛(通じざれば則ち痛む)」という状態になっています。「不通則痛」は、中医学における痛みに対する基本的な考え方であり、治療としては、「通則不痛(通じれば則ち痛まず)」が原則です。
痛みの部位や、どのような動きに制限があるのかを確認し、障害されている経絡の流れを改善していきます。鍼やお灸、低周波治療器気(電気パルス)を併用することで痛みの鎮静をはかります。

① 太陰経(たいいんけい)病証
圧痛点:肩の前面、腕を後ろに引く動作で誘発
おすすめのツボ:肩髃(けんぐう)、孔最(こうさい)など
② 陽明経(ようめいけい)病証
圧痛点:肩の外側でやや前方、肩の挙上で誘発
おすすめのツボ:巨骨(ここつ)、臂臑(ひじゅ)など
③ 少陽経(しょうようけい)病証
圧痛点:肩の外側でやや後方、腕を外に広げる動作で誘発
おすすめのツボ:肩髎(けんりょう)、臑会(じゅえ)など
④ 太陽経(たいようけい)病証
圧痛点:肩の後面、腕を反対の肩に回す動作で誘発
おすすめのツボ:天宗(てんそう)、肩貞(けんてい)など



タイプ別鍼灸治療

1.風寒湿邪(ふうかんしつじゃ)
外界から風寒湿の邪気が経絡に入り、痛みが起きるタイプ。主に発症初期の痛みで、持続的にジワジワ痛む。

2.瘀血(おけつ)
外傷や長年の肩関節の摩耗、痛みの長期化で見られるタイプ。痛みの場所は一定し、刺さるような痛みで、夜間に悪化する。

3.気血両虚(きけつりょうきょ)
体力の消耗により痛むタイプ。老化によるものや、症状の長期化によるもので、筋肉の萎縮や関節拘縮が見られる。



 ※暮らしのアドバイス

痛みが起きる動きは極力避けて安静にしましょう
夜間の痛みは日中との重力の差で痛みが強くなるため、寝る際は肩の下にタオルを入れるなどして肩が落ちないように調整しましょう
夏場の冷房など、肩に直接冷風があたらないように気をつけましょう
40歳を過ぎると徐々に体が衰えるため、漢方の補腎薬で体力のベースアップをしましょう