月経前症候群(PMS)

多くの女性が生理の前になんらかの症状を抱えていると言われています。女性は生理との付き合いが長いものだからこそ、PMSの対処法をきちんと知り、上手に乗り切れるようにしましょう。





月経前症候群(PMS)とは?

PMS(月経前症候群)は“Premenstrual Syndrome”という英語の略称です。生理が来る3〜10日位前から起こる気持ちや体の不調のことで、来経すると症状が弱まり、やがて消えていきます。



月経前症候群(PMS)の原因

人によって大きく症状が異なるPMSは、実はその原因ははっきりと分かっていません。一説によると、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動が関わっているものと考えられています。 例えば、黄体ホルモンの働きで水分を体外に排出しにくくなってしまうと浮腫みの原因となり、それが乳房に溜まれば胸の痛みに、頭に溜まれば頭痛になります。他にも、脳内の「セロトニン」という物質が低下すると、うつ症状やネガティブ思考など、気持ちが不安定になります。
また、生理前はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下して血糖値が上がるため、血糖値を下げるために普段より多量のインスリンが必要になります。そのため、食事から2〜3時間後に低血糖を生じやすく、甘いものが食べたくなるなどの症状が出ることがあります。



月経前症候群(PMS)の鍼灸治療

人体には「気」「血」「津液(しんえき)」という身体を栄養してくれる基本物質が流れており、その流れが何らかの理由で悪くなると不調を感じていきます。生理前になると、ホルモンバランスなどの原因で、血液循環が変化するために様々な症状を出やすくなります。鍼灸治療により、気血津液の不足を養ったり、循環を整えることで生理前のつらい症状を改善していきます。

月経前症候群(PMS)で使う代表的なツボ: 太衝(たいしょう)、湧泉(ゆうせん)、血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)など。



タイプ別鍼灸治療

気滞(きたい)
ストレスにより気の流れが停滞し、イライラや精神不安などの不調が起きるタイプ。
「肝(かん)」は、生理の基本となる血(けつ)を蓄え、血量や生理周期の調節を担う臓器です。 また、気(エネルギー)の巡りをスムーズに保つ働きがあり、ストレスが過剰になると気の流れをコントロールできず、精神的な不調が起こりやすくなります。
生理前の主な症状:イライラ、怒りっぽい、乳房の張りや痛み、頭痛、肩こり など。
随伴症状:ストレスが多い、熱っぽい、口の渇き、過食、月経時の下腹部の張りや痛み、舌辺が紅い、舌の苔が薄く黄色い など。
おすすめの食材:ミント、ハマナスの花、ジャスミン、菊花、みかんの皮、金針菜、黒きくらげ、うこん、春菊、三つ葉、たけのこなど。
おすすめのツボ:内関(ないかん)太衝(たいしょう)など。
養生のポイントは、日常のストレスをこまめに発散させること。肝を健やかに保ち、体内の気をスムーズに巡らせましょう。

寒凝(かんぎょう)
冷えにより血の巡りが滞るタイプ。
生理前の主な症状:痛みが強い(頭痛、胸痛、腹痛など)、肩こり など。
随伴症状:冷え症、手足のしびれ、月経痛が強い、経血が黒っぽく塊が多い、舌の色が暗く瘀斑がある など。
体内の血は、温かいとスムーズに流れ、冷えると停滞するという特徴があります。生理前は体を冷やして「瘀血」(血行障害)を招きやすいため、痛みやしびれなどの不調が起こりやすくなるのです。
おすすめの食材:紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、しょうが、玉ねぎ、長ねぎ、小茴香、サフランなど。
おすすめのツボ:関元(かんげん)、命門(めいもん)など。※灸施術を多く使用する
冷え症体質の人は、日頃から冷えをしっかり予防することを意識し、温かい飲食、毎日の入浴などで身体を温めるよう心がけ、血行の良い状態を保ちましょう。

痰湿(たんしつ)
水分代謝を担う「脾胃(ひい)」(胃腸)の働きが弱くなっているタイプ。
生理前は黄体ホルモンの分泌が増える時期であり、妊娠してもいいように体は栄養や水分を溜め込もうとする傾向があります。中医学では、こうした不調は体内に「湿(しつ)」(余分な水分や汚れ)が停滞している状態と考えます。
生理前の主な症状:むくみやすい、太りやすい など。
随伴症状:痰が多い、吐き気、食欲不振、頭痛、めまい、尿が少ない、軟便、舌の苔がべたつく など。
おすすめの食材 :きゅうり、すいか、とうがん、はと麦、緑豆、あずき、もやし、春雨など。
おすすめのツボ:水道(すいどう)、陰陵泉(いんりょうせん)など。
湿の停滞を招きやすいのは、胃腸不調を感じやすい人です。日頃から胃腸をケアして健やかに保つよう心がけましょう。

気血両虚(きけつりょうきょ)
疲労や貧血、過度のダイエットなどで体の気血が不足しているタイプ。
体に栄養を与える「血(けつ)」やエネルギーとなる「気」は、元気で健康な身体を維持する基本物質です。そのため、生理前は疲労感や倦怠感、不眠といった不調が起こりやすくなります。
生理前の主な症状:疲労感、倦怠感、不眠 など。
随伴症状:顔色が蒼白、めまい、眼精疲労、ため息が多い、動悸、脱毛、月経量が少なく色が淡い、舌の色が淡い など。
おすすめの食材:なつめ、黒ごま、かつお、うなぎ、豚ヒレ肉、レバー、クコの実、ほうれん草、にんじん、黒糖、落花生、ナマコなど。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)合谷(ごうこく)、気海(きかい)など。
日頃から疲れやすく、めまいや動悸、不眠などの不調を感じている人は、栄養をしっかり摂って気・血を十分養うよう心がけましょう。



 暮らしのアドバイス

バランスの良い食事を心がける
アルコール・塩分・カフェインの摂取を控える
有酸素運動を取り入れる
喫煙を控える

乱れたライフスタイルは、PMSだけでなく免疫力を低下させ、様々な身体の不調や病気の原因にもなります。今一度、生活を見直して、PMSとも上手に付き合っていきましょう。