生理痛

生理痛は約8割の女性が何らかの痛みを感じ、「痛みがひどい」と感じている人は女性全体の3割弱と言われています。“生理痛はあるのが当たり前”、“我慢をするもの”と思いがちですが、女性と生理の付き合いは長いものだからこそ、生理周期による身体の変化と向き合い、コントロールすることが大切です。



生理痛とは?

生理痛とは、生理の直前から生理中にかけて子宮が収縮するために起きる、下腹部や腰の痛みのことを言います。痛みの程度は個人差があり、痛みがほとんどない人もいれば、強く感じる人、生理痛以外にも頭痛や腰痛、吐き気などが表れる人など症状は様々です。また、生理痛のなかでも日常生活に支障をきたすほどのものを「月経困難症」と呼びます。



生理痛の原因と治療

生理が起きる少し前から、子宮内膜にプロスタグランジンという物質が分泌されます。これが子宮の収縮を促すことで、はがれ落ちた子宮内膜を体外に押し出してくれるのですが、子宮の収縮が強すぎると、下腹部が痛んだり、腰がだるくなるなど生理痛の症状が現れます。 生理のときに痛みの違いが出るのは、その人自身が持つプロスタグランジン分泌量の多さと、痛みの感じやすさなど体質によります。日頃のストレスや食事・睡眠などの生活習慣、その日の体調や気候、生理痛へのイメージなどでも痛みの感じ方が変わります。 治療には、プロスタグランジンの分泌を抑える鎮痛剤が使われます。他にも、低用量ピルや漢方薬などが処方されることが多いです。



中医学で考える生理痛

中医学において、痛みが起きる原因は2つあります。一つは、“不通則痛(ふつうそくつう)”と呼び、気・血(けつ)・津液(しんえき)など身体に必要な物質の巡りが悪いために起きる痛みであり、もう一つは、“不栄則痛(ふえいそくつう)”と呼び、子宮における栄養状態が悪いために起きる痛みです。



それぞれ、冷え、ストレス、食生活の不摂生、過労、加齢、慢性疾患などにより生じ、原因を追究して鍼やお灸を行うことで、生理痛はもちろんのこと、痛みが起きやすい体質を改善していきます。

生理痛で使う代表的なツボ: 血海(けっかい)、三陰交(さんいんこう)、帰来(きらい)、腎兪(じんゆ) 、次髎(じりょう)など。



タイプ別鍼灸治療

気滞(きたい)
ストレスや精神的緊張などで、気の巡りが滞るタイプ。生理前から生理中にかけてお腹の張りがあり、月経前症候群(PMS)があることが多い。生理には血の塊が出やすい。
随伴症状:イライラして怒りっぽい、胸の張りや痛み、頭痛、肩こり など。
中医学において、肝(かん)は血(けつ)を蓄え、血液量や生理周期の調節を担う臓器です。気(エネルギー)の巡りをスムーズにする働きもあり、ストレスが過剰になると肝の働きが乱れ、気の流れが停滞しやすくなります。
おすすめのツボ:内関(ないかん)、太衝(たいしょう)など。
おすすめの食材:ミント、ハマナスの花、ジャスミン、菊の花、みかんの皮、金針菜、黒きくらげ、うこん、春菊、三つ葉、タケノコなど。

寒湿(かんしつ)
冷えと水分代謝の不良が結びついて流れが滞り、痛みが出るタイプ。生理痛は、生理前から生理中にかけて強く痛み、生理の色は黒っぽく塊が多い。
随伴症状:冷え症、寒がり、手足のしびれ など。
血(けつ)は、温かいとスムーズに流れ、冷えると停滞する特徴があります。もともと冷え性だったり、身体を冷やすことで瘀血(おけつ)という血行障害を招き、痛みが起こりやすくなります。
おすすめのツボ:関元(かんげん)、命門(めいもん)など。※灸施術を多く使用する
おすすめの食材:紅花、よもぎ、シナモン、黒糖、生姜、玉ねぎ、長ねぎ、フェンネル、サフランなど。

湿熱(しつねつ)
元々暑がりの体質や、脂っこいもの・味の濃いものを食べすぎたり、アルコールの飲みすぎにより熱がこもり、血行不良になるタイプ。生理前から生理中にかけて灼熱感を感じたり、生理の色が赤く量が多くなる。生理の質が粘っこくなりやすい。
随伴症状:暑がり、顔色が赤い、口の渇きや苦み、目の充血、イライラ、便秘 など。
身体に熱がこもると潤いがなくなりドロドロ血となり、血の流れが停滞しやすくなります。
おすすめのツボ:豊隆(ほうりゅう)、陰陵泉(いんりょうせん)など。
おすすめの食材:冬瓜、スイカ、メロン、きゅうり、レタス、もやし、小豆、あさり、しじみ、昆布、海苔など。

気血不足(きけつぶそく)
体内に栄養を与える血(けつ)や身体のエネルギーとなる気が不足して、血流が滞るタイプ。生理痛は、生理中から生理後半にかけてシクシク痛み、生理の色は淡く量は少ない。
随伴症状:疲労倦怠感、不眠、顔色が蒼白、めまい、眼精疲労、動悸、脱毛 など。
加齢や貧血、病気による消耗、過度なダイエットなどが原因で、身体に必要な気や血を子宮に送ることができず、血流が滞り痛みが出ます。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)、合谷(ごうこく)、気海(きかい)など。
おすすめの食材:なつめ、黒ごま、かつお、うなぎ、豚ヒレ肉、レバー、クコの実、ほうれん草、にんじん、黒糖、落花生、ナマコなど。

肝腎虚損(かんじんきょそん)
女性ホルモンの働きが低下して子宮に栄養が行かず、血の流れが滞るタイプ。生理痛は、生理中から生理後半にかけてシクシクした痛みがあり、生理の量は少ない。生理周期が短すぎたり長すぎたりする。
随伴症状:足腰のだるさ、夜間尿などのお小水トラブル、耳鳴り、めまい など。
虚弱体質や加齢などにより、女性ホルモンの分泌が弱くなり子宮の働きが落ちると、血の流れが停滞して瘀血を招きます。
おすすめのツボ:腎兪(じんゆ)、肝兪(かんゆ)など。
おすすめの食材:黒ごま、黒米、黒豆、ひじき、昆布、海苔、松の実、クコの実、くるみ、栗、ナマコなど。



 暮らしのアドバイス

洋服や下着はゆったりしたものを着て、締め付けないようにしましょう
デスクワークでは毛布やひざ掛け、腹巻などで腰周りを温めましょう
長時間座りっぱなしでは、30分に1度立ち上がって歩いたり屈伸運動をしましょう
ウォーキングや軽いジョギングをしましょう
冷え症体質の人は、温かい飲食や毎日の入浴を心がけましょう
ストレスをうまく発散しましょう

 ◆血海(kekkai)

血の巡りを整える働きがあります。
このツボは太ももにあり心臓と足先の中継地点です。膝を伸ばした状態で、膝の皿(膝蓋骨)を触り、内側の上に凹みを見つけます。 そこから垂直に指3本分(人差し指・中指・薬指を揃える)上がった所です。

 ◆三陰交(saninkou)

内くるぶしから骨際に指4本分上のくぼみが三陰交です。とても万能なツボで、女性に特におすすめのツボです。
冷えが気になる方にも効果的です!

 ◆腎兪(jin-yu)

ウエストのくびれた部分に両手を持っていき、親指が筋肉の盛り上がりに触れたところです。背骨からは指2本分離れた場所でホルモンやエイジングケアで有名なツボです。

 ◆内関(naikan)

手首にあるツボで、親指を入れて他の指で握り(グーの形)手前に倒すと腱が2本浮き出てきます。 そのライン上で手首から指3本分のところにあります。 親指をツボにあてて他の4本で手首を掴み振ると効果的です。

 ◆太衝(taishou)

足の親指と人差し指の骨の間を足の甲へ上がっていった行き止まりが太衝です。
気の巡りを良くし、ストレス緩和によく使うツボです。頭痛の治療にもよく使います。

 ◆関元(kangen)

別名丹田ともいい、生命活動の源ともいわれています。腹式呼吸でも意識する部分ですね。体力の回復や冷え性・便秘にも効果的です。
臍(ヘソ)の上に親指以外の4本を添えて、垂直に下りた所にあります。仰向けで中指を重ねてやさしく押しましょう。5~10秒ゆっくり押して離すを5セットやると効果的です。

 ◆豊隆(houryu)

膝と足首の中間の高さに位置して、すねから指4本分外にあります。

 ◆陰陵泉(inryousen)

膝を曲げた状態で、足の内くるぶしから真上に辿っていくと指が止まるところです。

 ◆足三里(ashisanri)

膝を立てて、膝のお皿の下の部分にくぼみが2つあります。そのくぼみから指4本分下が足三里です。
足にあるツボですが長寿のツボ・万病に効くツボとして知られていて、胃腸の調子を整えるのにも効果的です!

 ◆合谷(goukoku)

頭痛や肩こり・風邪・風邪・花粉症など様々な症状に効果があるといわれています。
手の親指と人差し指の間にあり、やや人差し指寄りです。 親指で5~10秒ゆっくり押して離すを5セット行いましょう。リラックスしている時に行うとより効果的です☆

 ◆肝兪(kanyu)

背中の下側に位置して、第9胸椎と第10胸椎の間から指2本分外にあります。自律神経を整えるのにも良いツボですが、自分では取り辛いので鍼灸院で確認しましょう。