高血圧

日本人のおよそ3人に1人が高血圧と言われており、患者数の多い生活習慣病です。無自覚でたまたま健康診断で見つかることが多いですが、放っておくと動脈硬化が進み、脳、心臓、腎臓、目などに影響して病気を引き起こすことがあるため注意が必要です。




高血圧とは?

高血圧は、原因を一つに定めることが出来ない「本態性高血圧」と、原因が明らかな「二次性高血圧」に分類されます。高血圧の8~9割が本態性高血圧です。

高血圧の診断と治療

診断には、診察室血圧か家庭血圧のいずれかの数値を用いますが、家庭血圧の方が優先されます。どちらも一日だけでなく数日測定した平均で判断します。収縮期血圧が140mmHg以上の場合、または拡張期血圧が90mmHg以上の場合、あるいはこれらの両方を満たす場合に、高血圧と診断されます。高齢になると、上の血圧だけが高くなる孤立性収縮期血圧がみられます。症状はほとんどの人で自覚がないですが、早朝の頭痛、夜の頻尿、呼吸困難、めまいやふらつき、下肢冷感などの症状が出やすくなります。

(*1)


原因は、家族性の要因が約6割あり、これには遺伝的要因と、家族で似た生活環境にある環境要因の両方が関係していると考えられています。その他にも、喫煙者、ストレス、アルコールは高血圧になりやすいことが分かっています。 一般的な治療は、75歳未満は診察室血圧で130/80mmHg未満を、75歳以上では140/90mmHg未満を目指し、生活習慣の修正(減塩、肥満の予防、節酒、禁煙、ストレスコントロール等)と降圧薬が用いられます。



中医学で考える高血圧

中医学では、症状として比較的多くみられる頭痛や眩暈に対する治療と同じ考え方をします。中医学古典には、「諸風掉眩するは皆肝に属す」、「腎虚則頭重高揺、髄海不足則脳転耳鳴」と記されており、五臓の一つ「肝」の病変と、主に加齢による腎虚(腎陰不足)が関連しています。




高血圧の鍼灸治療

頭痛、眩暈、耳鳴り、動悸などの症状が伴う場合や、一時的に血圧が高くなっている場合は、血圧を下げることを優先します。鍼灸治療では、ツボを刺激することで臓腑の働きを助け、血流や水分代謝の改善を促します。また、肩こりや頸部のこりが強い場合、頭部への血流障害や自律神経の働きにも影響するため、頸や肩のこりに対するアプローチも同時に行い、自律神経の働きを整えます。

タイプ別鍼灸治療

肝火上炎(かんかじょうえん)
精神的ストレスや怒りによって気の巡りが滞り熱火したタイプ。
随伴症状:眩暈、頭痛(偏頭痛)、煩躁、顔面紅潮、目の充血、口苦、尿赤便秘 など。
おすすめのツボ:風池(ふうち)行間(こうかん)など。

陰虚陽亢(いんきょようこう)
肝火上炎タイプの長期化、加齢による体液の不足で熱が加わったタイプ。
随伴症状:眩暈、頭痛、耳鳴り、ほてり、のぼせ、心悸、不眠、健忘、足腰のだるさ など。
おすすめのツボ:腎兪(じんゆ)、復溜(ふくりゅう)など。

痰湿阻滞(たんしつそはい)
多くは飲食の不節制により、脾胃の働き(消化機能)が減退、水分代謝が滞るタイプ。
随伴症状:頭重、眩暈、悪心嘔吐、少食多眠、下痢、動悸、胸腹部のつかえ など。
おすすめのツボ:陰陵泉(いんりょうせん)豊隆(ほうりゅう)など。

気虚血瘀(ききょけつお)
消化機能が弱く、過労により悪化。慢性病などで気が不足し血が巡らないタイプ。
随伴症状:眩暈、頭痛、顔色が白い、動悸、易疲労、食欲不振、唇や爪が青紫色 など。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)三陰交(さんいんこう)など。

 ※暮らしのアドバイス

一日二回、血圧を測定しましょつ

(*2)



生活習慣を見直しましょう

(*3)


(*1*2*3)※https://www.jpnsh.jp/data/jsh2019_gen.pdfより抜粋