頭痛

頭痛は、よくある症状と軽く考えられてしまうことが多いですが、慢性化しやすく日常生活に支障をきたす疾患です。



頭痛とは?

頭痛は、他の疾患がない「一次性頭痛」と他の疾患が原因で起こる「二次性頭痛」に分類されます。

頭痛の分類

三大慢性頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛)といわれる頭痛は、一次性頭痛です。頭痛を訴える患者さんのおよそ9割が一次性頭痛で、特に片頭痛は日本人の10人に1人が悩まされているといわれています。二次性頭痛は、くも膜下出血や脳腫瘍など脳の器質的な問題や、眼疾患、鼻・副鼻腔疾患、高血圧などの全身の病気が原因で起こるものです。二次性頭痛の場合、その疾患自体の症状が見られます。

一次性頭痛においても、頭痛が起こるメカニズムはそれぞれ異なるため、頭痛のタイプを把握することは重要です。
緊張型頭痛:毎日、頭重感や頭が締め付けられるような感じがする。肩や頸がこり、痛みのある時にマッサージや動くと楽になる。
片頭痛:月に数回、ズキズキと脈打つ頭痛が起き、吐き気や嘔吐を伴い、光や音に敏感になる。痛みは片側が多いが、両側に起こることもある。痛みが起きている時に動く(歩いたり階段を下りたりする)と悪化する。
群発頭痛:年に1~2回、一ヶ月程度群発して起こる頭痛。片側の目の奥が強く痛む。アルコールで誘発される。
最近では、緊張型頭痛と片頭痛の混合タイプが多くみられます。正しく頭痛を分析するために頭痛ダイアリーをつけることが推奨されています。



中医学で考える頭痛

頭部は、「諸陽の会」といい、手足三陽の経絡が集まり、五臓六腑の気血も皆頭部に注ぎます。そのため、経絡の流れが妨げられたり、五臓六腑に変調が起こったりすると高頻度で頭部に影響し、頭痛がみられます。頭痛の原因として中医学では、外からの刺激(外邪)によるものと体の内に原因(体質素因)があるものに分類します。
外邪とは、風・寒・湿・熱という外界の気候変化のことで人体に悪影響を及ぼすもののことです。例えば、風寒の邪気が頭部を犯し、気血を凝滞させると頭痛が起きます。外邪による頭痛は、風邪(かぜ)の症状の一つであるため、風邪の治癒とともに回復します。一方で体質素因による頭痛は、ストレス、過労、睡眠不足、食生活の乱れなど病因が複雑に絡み、慢性化しやすい傾向があります。



頭痛の鍼灸治療

頭痛といっても痛む場所は、前頭部であったりこめかみであったりそれぞれです。頭部は、「精明の府」といい精神活動に関与する重要な中枢であり、そのため経絡が複雑に交差する場所でもあります。直接巡っている経絡だけでも、手足三陽の経絡、足の厥陰肝経、督脈があります。痛みは、経絡気血の流れが妨げられるとき(不通則痛)や気血の不足により十分に栄養されないとき(不栄則痛)に生じます。頭痛においては、局所の治療とともに、頭部を巡っている経絡を利用して、気血の流れを調整することで痛みの緩和をはかります。



実際には病因が複雑化している場合が多く、経絡の考え方とともに前述の内傷頭痛とを総合的に判断していきます。



タイプ別鍼灸治療

肝陽頭痛(かんようずつう)
片頭痛、ストレスで悪化、易怒、肩こり、不眠、口苦を伴う。
おすすめのツボ:肝兪(かんゆ)太衝(たいしょう)など

血虚頭痛(けっきょずつう)
我慢できる程度の鈍痛、疲れると悪化、めまい、動悸、易疲労を伴う。
おすすめのツボ:三陰交(さんいんこう)足三里(あしさんり)など

痰濁頭痛(たんだくずつう)
重くるしい痛み、天気の悪いときに悪化しやすい、胸苦しい、軟便を伴う。
おすすめのツボ:陰陵泉(いんりょうせん)豊隆(ほうりゅう)など

腎虚頭痛(じんきょずつう)
頭が空虚な痛み、めまい、腰や膝がだるい、耳鳴りを伴う。
おすすめのツボ:関元(かんげん)腎兪(じんゆ)など

瘀血頭痛(おけつずつう)
痛む場所が一定で刺すような痛み、女性に多く生理期に起こりやすい。
おすすめのツボ:血海(けっかい)三陰交(さんいんこう)など

頭痛で使う代表的なツボ
前頭部の痛み:印堂、合谷内庭
側頭部の痛み:太陽、風池、外関、足臨泣
後頭部の痛み:天柱、後渓、申脈、崑崙
頭頂部の痛み:百会太衝太渓
痛みの場所がはっきりしない全体の痛み:百会合谷風池、外関

 ※暮らしのアドバイス

湯船につかって血行をよくしましょう
ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐしましょう
規則正しい生活をして自律神経の働きを整えましょう
片頭痛がある人は、オリーブオイル、チーズ、赤ワイン、ハム、サラミ、チョコレートなどを避けましょう