誠心堂の不妊治療

誠心堂グループの妊娠実績

誠心堂グループでは、30年以上にわたって、妊活のサポートに力を入れております。独自の三焦調整法(さんしょうちょうせいほう)をはじめとする治療方法を確立し、年齢による身体の変化をサポートし続けています。



※実際に鍼灸院爽快館・漢方館をご利用されて妊娠された方の声はこちら



誠心堂不妊鍼灸の三焦調整法が選ばれる理由


 年齢と共に難しくなる不妊治療。

「不妊症」とは「妊娠を希望し1年たっても子供ができない状況」です。 少子高齢化の進む日本では、今や5.5組に1組は不妊症に悩んでいると言われ、女性の社会進出や晩婚化に伴いお子様を希望される方の年齢も35歳以上の方が年々増えてきています。


 不妊クリニックに通えば誰でも妊娠できるわけではありません。

加齢のため妊娠できない。検査で問題ないが妊娠できない。など直面する問題があります。体外受精や顕微授精では、人工的に卵子を取り出して、そこに精子をふりかけたり、あるいは顕微鏡下で精子を一匹、卵子に注入したりします。しかし、精子が入ったからといって、必ずしもすべてに受精現象が起こるわけではありません。
体外受精をされる方は多いですが、体外受精の成功率は日本産婦人科学会の調べでは30代前半では20%前後、30代後半では15%前後、40歳では10%以下、43歳で2.3%と発表されています。
つまり体外受精で妊娠できる方は30代前半で5人に1人、30代後半で6~7人に1人、40歳では10人に1人と言うことになります。


 妊娠への道のりの答えとは?

自然妊娠でも高度生殖医療(ART)でも大切なのは、「卵子の質」・「子宮内膜の質」・「精子の質」を良くすることです。妊娠まで行くのは"いい受精卵"だけなので、キレイな状態の良好胚ほど、着床して妊娠する確率は高くなり、状態の悪いものほど期待できなくなります。そのためには骨盤内の卵巣・子宮・粘膜に栄養や酸素、ホルモンを含んだ血液を安定して届けることが大切になります。全身の血流のコントロール調整や脳からの性ホルモン分泌のコントロール、ストレスによる自律神経の乱れを調整をすることが必要です。

身体のリズムを整え本来のチカラを引き出していく妊活鍼灸三焦調整法や中医学は、体質を見極め、適切な改善を行い、卵子や精子を守り、自然妊娠をもちろんのこと、高度生殖医療による不妊治療までトータルにサポートしていくことができます。



妊活鍼灸 誠心堂式三焦調整法(さんしょうちょうせいほう)


妊活鍼灸「誠心堂式三焦調整法」とは、誠心堂の妊活理論と臨床から作られた誠心堂オリジナルの不妊専門の鍼灸治療のこと。三焦調整法により、子宮や卵巣、精巣に栄養やホルモンが豊富な血液を届け、妊娠しやすくなるための体を作ります。人体を3つのパーツに分け、上焦(じょうしょう)(肺・心)中焦(ちゅうしょう)(肝・脾)下焦(げしょう)(腎)のバランスを整えることで骨盤内血流を改善していきます。

三焦調整法では、身体にある血液分布を、下焦(骨盤内臓器:子宮・卵巣・精巣)に集中させます。全身調整をしながら背中・お腹・腰・下半身などのツボを使って、頭に上っていた血流を調整します。頭部への治療だけでなく全身のツボを使うことで効果を持続しやすくしていくのです。

 誠心堂三焦調整法をお勧めの方。

早く子供が欲しい
自然妊娠したい
体外受精・顕微授精・人工授精がうまくいかない
卵巣機能低下(AMHが低い)・卵胞が育たない・卵子が老化している・FSHが高い
着床障害・子宮内膜が厚くならない
流産を繰り返す
第二子不妊
男性不妊

病院との併用も可能です。詳しくはお問合せ下さい。



 上焦(頭部~胸)(肺・心)のケア

ストレスや脳の使い過ぎにより上焦がつまると、ストローで上の口を閉じているようになり、血流が全身に流れにくくなります。そのため上焦のつまりをとり、全身の血流の流れを整え、脳下垂体からの女性ホルモン分泌(FSH・LHなど)へのアプローチを促します。
頭や首に鍼をしたり、耳にお灸を行うことで上焦を刺激し血流をよくします。脳の下垂体からの女性ホルモン分泌を促すと、同時にリラックス効果も高まり全身に血流が流れやすくしていきます。

頭と首の後ろつなぎにあるツボや肩のツボに鍼をすると首・肩・目のこりや疲れもとれますが、副交感神経が優位になりリラックスできます。不妊治療はストレスとの付き合い方が大切です。




 中焦(横隔膜~お臍)(肝・脾)のケア

みぞおちの緊張や張りは、上焦と中焦との流れを妨げてしまいます。ストレスで横隔膜の動きが硬くなる緊張状態では、胸で呼吸するため腹式呼吸にならず、呼吸が浅くなり腹部への血流も低下します。手首のツボなどを合わせ、緊張や張りをとっていきます。


また、お腹のツボに鍼をして胃の働きを調整します。食事の消化を良くすることで栄養素の吸収を高め、気血津液という身体に必要な基本物質を作りやすくします。下腹部のツボは腸のバランスを整えます。腸は幸せホルモンや免疫だけではなく、腸内フローラが着床や流産にも影響すると言われていますね。背中のツボに鍼をすることにより、副交感神経が優位になりリラックスできます。中焦につまりがあると、その下の下焦に当たる子宮・卵巣・精巣への血流も悪くなります。

ストレスや頭の使いすぎは、交感神経を興奮して血管を収縮させるため子宮や卵巣、精巣への血流が悪くなりがちです。鍼灸により、副交感神経を高め血管の拡張による血流の改善とリラックス効果が期待できます。



 下焦(下腹部~下肢)(腎)のケア

不妊治療において、最も大切なことは下焦(卵巣・子宮・精巣)に栄養・酸素・ホルモンを含む豊富な血液が届いていることです。座る時間が長かったり運動不足があったり、加齢や卵巣機能の低下により血流量が低下します。すると卵巣機能もしっかりと働かないという悪循環に陥るのです。下焦への血流量を増やすことで、質の良い卵子や精子を作り、子宮内膜を厚くすることができます。

下腹部のツボに鍼灸とパルス(低周波通電)などで刺激します。すると、腹大動脈、卵巣動脈、子宮動脈の血流が上がり、子宮や卵巣に血液が届きやすくなります。仙骨部への刺激では、骨盤内蔵神経、陰部神経叢が刺激され、支配領域の子宮動脈や卵巣動脈の流れがよくなり、着床環境や卵子の発育を手助けします。
足には妊活に大切なツボがたくさんあり、骨盤内へとつながる経絡が刺激され血流が良くなります。特に「三陰交(さんいんこう)」というツボは、刺激をすると子宮に刺激が行きやすく、分娩の促進や逆子にも良く使われています。ふくらはぎは第2の心臓といわれ、ポンプのような働きで静脈血の心臓への戻りを促し、新鮮な血液を全身に届ける手助けをしています。



骨盤内血流と妊娠の関係


生まれたときに約200万個あった原始卵胞は、排卵が起こり始める思春期ごろまでに約30万個となり、その後は年齢とともに減少していきます。卵子の数は35歳から減少し(50,000個)、37歳で25,000~30,000個、40才では5,000個まで減ってしまいます。1回の月経の周期に約1,000個が減少しており、1日にすると30~40個が減り続けているとされています。
一般的に卵子の予備能の評価とされるAMH(抗ミューラー管ホルモン)は女性の原始卵胞数と相関があるとされていますが、あくまで卵子の残数なので、AMHがゼロでも妊娠・出産例は報告されています。卵子1つひとつの質を高めることが重要です。



卵子自体の若返りはできないのですが、妊娠において大切なのは「卵子の質」です。卵子は約150~200日かけて育ちます。その間、新鮮な血液から栄養供給が安定的になされるかどうかが、卵子の質に影響しているのです。ですが、加齢のため弱まった血管では、子宮に充分な栄養を届けることが難しくなります。現代人はストレスや睡眠不足、緊張、運動不足、冷たいもので胃腸を冷やすことが多くあります。これらはお腹の血流を低下させ、上焦(脳)を充血させます。その結果一番血流が届いてほしい卵巣や子宮、精巣に血流が流れにくくなってしまいます。安定した血流を供給し続けることが妊娠しやすい体を作ることに繋がっていくのです。



生理周期に合わせた鍼灸治療(周期調節法)

毎月繰り返される生理には4つの周期があり、その周期に合わせた鍼灸治療で、女性の体のリズムを整え、妊娠しやすい体作りをするのが「周期調節法」です。鍼灸における周期調節法は、三焦調整法により骨盤内に栄養たっぷりの血液を集めた後に行うことがポイントになります。

想像してみてください。田んぼに水をあげたい時に、貯水槽に少ない水しかなかったら、田んぼにはどう分配しても少ない水しか行き渡らないですよね。同様に、骨盤内の血流が少ない中で生理周期を調整しても、少ない血流量でやりくりすることになってしまいます。

4つの周期で治療法を変えるワケは、周期によって女性ホルモンの分泌が異なり、体調も変化するからです。この周期に合わせることで、妊活に向けた細かな体質改善が可能になり、自然妊娠も望めるようになります。

 月経期のケア

不要になった子宮内膜を剥がし、スムーズに排出します。
生理(周期の始めの3日間~1週間)は、赤ちゃんが宿る子宮をきれいに掃除する時期です。理気活血(りきかっけつ)作用のあるツボの刺激によって血行を良くし、無理なくスムーズに生理を排出させ、子宮内をきれいにしましょう。
【代表的なツボ】
帰来(きらい)(+灸)・血海(けっかい)・太衝(たいしょう)・三陰交(さんいんこう)(+灸)など

 卵胞期のケア

質のいい卵を育てながら、子宮では卵を迎える丈夫なベッドを作ります。
生理が終わってからの7日間は、卵巣内では1個の卵胞を熟成させ、子宮内膜では新しい粘膜層を再生・増殖させる時期です。滋陰補血(じいんほけつ)作用のあるツボの刺激によって子宮と卵巣への栄養素やホルモンを供給し、質の良い卵胞の成熟と子宮内膜の回復を助けます。
【代表的なツボ】
足三里(あしさんり)・復溜(ふくりゅう)・湧泉(ゆうせん)(灸のみ)・子宮(しきゅう)(+灸)

 排卵期のケア

卵子を排卵させ、黄体期へ移行をスムーズに行います。
排卵(周期中間の数日間)は、卵巣内の成熟卵胞から卵子を排卵し、黄体期へと移行させる時期です。理気活血(りきかっけつ)作用のあるツボの刺激によってホルモン分泌の連携をはかり、速やかに排卵・黄体化へつなげます。
【代表的なツボ】
血海・間使・三陰交(+灸)・子宮(+灸)

 黄体期のケア

子宮内膜を温かく柔らかくして、着床しやすいベッドに整えます。
黄体期の14日間は、栄養素に富んだ分泌液を子宮内に蓄え、受精卵が着床しやすい環境を整える時期です。温補腎陽(おんほじんよう)作用のあるツボの刺激によって安定した高温期を維持し、受精卵の着床・発育を助けます。
【代表的なツボ】
太渓(たいけい)(+灸)・足三里(あしさんり)・腎兪(じんゆ)(+灸)・子宮(しきゅう)(+灸)

自然妊娠はもちろん、体外受精の成功率や受精卵の着床率も高められる周期調節法は西洋医学治療との併用がお勧めです。

排卵障害の治療や、採卵・移植の周期と併せて行う場合など、目的に合わせて効果的な鍼灸治療をご提案致します。



着床鍼のご案内

着床鍼とは、移植前後に鍼灸治療を行うことで骨盤内血流を増やし、受精卵の着床環境を整えるものです。妊娠の成立には子宮内膜の環境がとても大切で、下腹部・背中・手足に鍼灸治療をすることにより、骨盤内へとつながる経絡を刺激して子宮内膜への血流量を増やします。その結果として、着床に必要な女性ホルモンをしっかり送り届ける環境作りを行っていきます。

 ストレスが多い状態は、着床率の低下に繋がります。

ストレスホルモンが多い状態では、女性ホルモンがうまく働くことができないため、受精卵の着床にも大きく影響します。また、ストレスの抱えすぎや睡眠の質の低下、目や頭の使いすぎは、交感神経を興奮させるため血流を悪くさせます。鍼灸治療により、副交感神経を高めることでリラックスすることができ、血管の収縮を防ぐことで子宮内膜への血流状態を改善します。

以下のグラフは、体外受精の前後に鍼灸治療を行うことで妊娠率が大幅に上がるという研究結果をドイツと中国の研究チームがまとめたものです(米国生殖医療学会誌2002年4月)。

体外受精と鍼灸治療を組み合わせて行うことで、妊娠率や出産率の増加、流産率や子宮外妊娠率の減少が期待されることが分かります。

米国国立医学図書館(U.S.National Library of Medicine)が提供する医学文献データベースにおいても、不妊に対する鍼灸治療の効果を検証した研究が大変多く報告されています。
・体外受精を受けている女性の妊娠成功率に対する鍼治療の効果
・原因不明の不妊患者の胚盤胞移植における鍼治療の効果
・不妊治療における鍼灸治療と漢方薬の臨床的意義
・多嚢胞性卵巣症候群患者の抗ミュラー管ホルモンと体外受精における鍼治療の効果
・体外受精を受けている卵巣反応不良患者の内分泌ホルモンレベルと卵巣予備機能における鍼治療と薬物療法の併用



 着床鍼のスケジュール

体外受精や顕微授精の胚移植における鍼灸治療は、着床前後4回の来院をお勧めしています。

・移殖前に子宮の環境を整えておく鍼
・着床鍼
・高温期を安定させ妊娠を維持させるための鍼を判定日までに2回

※胚盤胞や初期胚の移殖で来院してもらうタイミングが変わってきますので鍼灸師にご相談下さい。

妊活をされている方は体質的に「妊娠する力」・「妊娠を維持する力」が弱い方が多いのが実際のところです。生理不順や生理痛、基礎体温(BBT)の乱れ、子宮筋腫や子宮内膜症などがある方はもちろんの事、体質が弱い方は着床鍼だけでなく平時より鍼灸治療を行うことで体質をベースアップさせることが大切になります。
身体の状態に合わせて月2~4回の通院をお勧めしています。



体質に合わせた鍼灸治療

三焦調整法や周期調整法とともに、個々の体質も大事にしながら鍼灸治療を行っています。妊娠しやすい体作りには、五臓(肝・心・脾・肺・腎※西洋医学の臓器とは異なります)の働きが整っていることが大切です。ここでは、五臓の中でも不妊に関係の深い肝・心・脾・腎の4つについてお話します。




 「肝(かん)」は、自律神経・ストレスとも関係があり、気血を巡らせる働きがあります。

肝の働きが悪いと、
☑ イライラしやすい 
☑ PMS(月経前症候群)がある 
☑ 胸やお腹の張りがある 
☑ 生理周期が不安定
☑ 生理痛 
☑ 排卵障害がある 
☑ 子宮内膜症や筋腫がある 
☑ ガスやゲップが出やすい 
☑ 片頭痛がある 
☑ 爪が割れやすい 
☑ ドライアイ
などの症状が出やすくなります。

肝は気血の巡りをコントロールして、正常な生理周期を整える役割をしています。ストレスなどで肝の働きが乱れると血液の巡りが悪くなり骨盤内(卵巣・子宮など)に十分な栄養が行かず、ホルモンの効きも悪くなり、生理周期の不順やPMS、生理痛の原因となります。ストレスにより活性酸素が増えやすくなるため、卵子の老化にも影響します。妊活はストレスを抱えやすいので、肝の機能を常に安定させておくことが大切になります。


 「心(しん)」は睡眠や脳の下垂体と関係し、女性ホルモンの分泌と関係があります。

心の働きが悪いと、
☑ 下垂体からホルモンがうまく出ない 
☑ 卵胞が育ちにくい 
☑ 排卵障害 
☑ 動悸や息切れ 
☑ 不整脈がある 
☑ 不安や焦り 
☑ 不眠 
☑ よく夢を見る 
☑ 寝つきが悪い 
☑ 舌の荒れ
などの症状が出やすくなります。

心は精神神経機能や血液循環を司り、腎と協調して働いて子宮と卵巣の働きをコントロールしています。心は「神明(しんめい)」という大脳の働きを司るため、西洋医学の視床下部・脳下垂体・卵巣・子宮の性腺軸の考えと一致しています。卵巣機能が衰えてくるとFSHが高い値を示すようになりますが、それは腎の働きが弱っているとともに、心が不安定になっていることを意味します。



 「脾(ひ)」は、食べたものを栄養・吸収し、気血を生成します。

脾の働きが悪いと、
☑ 卵胞が育ちにくい 
☑ 子宮内膜が薄い 
☑ 不正出血がある 
☑ 生理の量が少ない 
☑ 排卵障害 
☑ 卵巣嚢腫がある 
☑ 疲れやすい 
☑ 食欲がない 
☑ 下痢や軟便 
☑ 全身がむくみやすい 
☑ 胃下垂
などの症状が出やすくなります。

脾は食べ物を消化吸収して、気血を作り出す働きをしています。脾の働きが乱れると消化吸収の働きが落ち、気血が作れずに体全体の機能が低下します。また、痰湿という老廃物が溜まりやすくなり、排卵障害などを引き起こす可能性も。 また、腸は幸せホルモンや免疫だけではなく、腸内フローラが着床や流産にも影響すると言われています。



 「腎(じん)」は成長や発育、ホルモンの分泌、免疫系などの機能を持つ「生命の源」と考えられています。

腎の働きが悪いと、
☑無月経 
☑ 生理不順
☑ 卵胞が育ちにくい 
☑ AMHが低い 
☑ FSHが高い 
☑ PCOSである
☑ 足腰が弱い 
☑ 白髪が多い 
☑ 耳鳴りや難聴がある 
☑ 夜間にトイレにいく 
☑ 下半身の冷え 
☑ 疲れがとれにくい
などの症状が出やすくなります。
腎は生殖機能そのものを担っているため、この腎の働きが低下しているということは卵巣や子宮の働きやホルモン分泌機能が低下しているという事でもあるのです。

腎の働きには「腎精(じんせい)」と「腎陰(じんいん)」と「腎陽(じんよう)」があり、「腎精」が弱ると卵子の発育や受精卵の質が低下し、卵子・精子共にDNAに影響します。「腎陰」は卵胞を育てる栄養・潤いを補う働きと、頸管粘液や子宮内膜の分泌液を補う働きがあります。男性不妊では精子の量に関係します。「腎陽」は体を温め、体温を安定させ高温期の維持に影響します。男性では勃起の力や精子の運動率に関係します。
加齢や生活習慣により腎の働きが低下すると、妊娠しづらくくなり、流産もしやすく、産後の肥立ちとも大きく関わります。妊娠後も流産予防のため漢方・鍼灸治療を続けましょう。

35歳以上の不妊治療のポイントは生殖系の腎を充実させるとともに、精神の安定を図ることであり、心と腎のバランスをとることが大切です。不妊治療に特化した妊活鍼灸三焦調整法は心と腎のバランスをとるのに最適な鍼灸治療になります。



鍼灸と漢方の両輪効果

鍼灸は血流のコントロールができ、目的の臓腑に血液や栄養に富んだ血液を運びます。また、自律神経に働きかけることで、血流を促します。このように有用性の高い鍼灸ですが、漢方と組み合わせることでその力が倍増します。

鍼灸と漢方の併用により、鍼灸の良さ、漢方の良さをうまく生かしつつ、更なる効果が期待できます。



鍼灸で血流をコントロールしながら、漢方や食べものによって取り込まれた栄養を、目的の場所に速やかに有効に届けることを可能とします。また、身体全体の生命力が下がっている場合には、漢方で補いつつ鍼灸で巡らすという方法を用います。この漢方と鍼灸の両輪を確かにコントロールするためには、確かな知識と技術が必要となります。
誠心堂グループでは中医学アドバイザーの指導のもと、薬剤師と鍼灸師が協力して鍼灸と漢方のトータルケアをご提案しています。鍼灸と漢方は中医学の車の両輪であり、お互いに協力し合うことでより高い効果を得る事が出来ます。これにより患者様により良い治療を提供していけると私たちは信じています。

鍼灸治療中には不妊治療の苦労や悲しみなどを話されていく方も多くいらっしゃいます。話すことで気分や心が落ち着き、前向きな気持ちになれる手助けができれば思っています。私たちは不妊治療を頑張る皆様の心と体の両方をサポートさせて頂きます。


ご夫婦で取り組む不妊治療(男性不妊)

 不妊の原因とは

妊娠を希望する健常なご夫婦であれば、1年以内に約8割、2年以内に約9割の方が妊娠に至るとされています。
日本産科婦人科学会では、1年間避妊することなく性交渉を行っているのにもかかわらず妊娠の成立をみない場合を’不妊’と呼んでいます。

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計では、不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明となっています。男性も高齢化により精子へ悪影響をあたえます。着床障害の原因の一面に受精卵の質の問題があります。このため、卵子以外にも精子側の原因も重要と考えます。



 ご男性不妊について



男性不妊症の原因の8~9割は造精機能障害です。
造精機能障害とは、精子が作り出せない状態のことで、奇形の精子が多かったり、精子の運動率が悪いことがあります。原因のひとつに、精索静脈瘤( せいさくじょうみゃくりゅう)というものがあり、男性不妊の約4割にみられます。
心臓から精巣に戻る血液が逆流して瘤を作るというもので、精巣の温度を上昇させ精子の生成に悪影響を及ぼすとされています。病院では外科的手術が行われますが、中医学では「瘀血(おけつ)」という血行の悪い状態と見て鍼灸を行っていきます。

また、男性不妊においては、酸化ストレスによる原因が示唆されています。精子の細胞膜は不飽和脂肪酸でできており、活性酸素などの酸化ストレスにとても弱いのです。そのため、精子の抗酸化力を高めていく必要があります。中医学においては、抗酸化力は「腎(じん)」が関与しており、積極的な補腎が必要でしょう。
精神的なプレッシャーなどによる射精障害は、精神神経を司る「心(しん)」と自律神経を司る「肝(かん)」の調整を行います。

座っている時間が長い、パソコン作業が多い、睡眠時間が6時間以下、締め付けの強い下着の着用、禁欲のしすぎなどで精子数が減ったり質が悪くなるという報告がされています。合わせて生活習慣の改善を心がけるようにしましょう。



不妊治療専門クリニックとの提携

中医学の鍼灸治療・漢方は子宮の状態や卵子・精子の質を高め、ストレスや自律神経の調整、ホルモンのバランスや血流の調整が得意です。 不妊クリニックでは誠心堂で育てた質の良い卵子を採卵・受精・培養・質の良い子宮内膜に移植。それぞれの得意分野をいかし、有効な結果を残せるようにしています。


当院の患者様の多くは、クリニックの院長からの直接紹介、または勤務しているドクターや看護師など、患者様と身近に接する職種の方々から多くご紹介いただいております。また、共同で不妊症セミナーもおこない、中医学(漢方、鍼灸)と西洋医学の双方から取り組む不妊治療をひろめています。

誠心堂グループの提携・連携クリニック一覧

ファティリティクリニック東京 小田原靖 院長
木場公園クリニック 吉田淳 理事長
津田沼IVFクリニック 吉川守 院長
両角クリニック 両角和人 院長


 誠心堂グループ主催セミナー

セミナー情報

内容は不妊症のお悩みに多岐にわたります。
不妊に対すると漢方・鍼灸の役割とは
高度生殖医療妊活セミナー
自然妊娠セミナー
体質改善妊活セミナー