めまい(眩暈)

男性よりも女性に多いとされているめまい(眩暈)。めまいは一人一人感じ方も様々で、耳鳴りなどの他症状を伴うこともあります。自覚症状はあるけれど、外見に表れるわけではなく、周りの人になかなか理解してもらえない悩みのひとつです。




めまいとは?

私たちは、目からの情報や耳からの信号、頸部の筋肉・関節などの深部感覚から情報を集め、それらを脳で統合して身体のバランスをとっています。これらの平衡感覚器官や脳に何らかの障害が起きると、集めた情報に矛盾が生じ「めまい」として自覚します。どの器官が障害されるかで症状は異なり、原因疾患も多岐にわたります。

回転性のもの
「目が回る」「天井がグルグル回る」などと表現されるめまいで、内耳と視覚と筋肉からなる、身体のバランスを保つ機能(平衡機能)の異常により起こります。耳の病気や脳の病気も原因と考えられます。良性発作性頭位めまい症は、めまい疾患の中で最もよくみられるものです。寝返りをしたり、起きあがろうとするときなど、頭の位置を動かしたときにグルグルと目が回ります。メニエール病は、めまいのほかに耳鳴り、難聴などの症状が現れます。
浮動性・動揺性のもの
身体がフワフワ浮いているような感じ、あるいはユラユラ揺れているような感じのめまいは、車酔いにも似て気分の悪いものです。脳腫瘍や脳梗塞、脳血栓といった脳血管障害(または脳血流障害)などによることがあります。また、高血圧やうつ病が原因ということも考えられます。
失神性発作
「目の前が真っ暗になった」などと表現されるめまいで、頭からスーツと血の気が引いていくような感覚を覚えます。いわゆる立ちくらみはこれに相当します。起立性調節障害や不整脈などの原因が考えられます。
このように、めまいにもいろいろな種類と原因がありますが、それぞれストレスなど、心因的な原因の場合も少なくありません。

めまいの検査と治療


 めまいの検査
眼振検査
めまいの程度を調べる検査です。特殊なメガネを使うことが一般的です。
体平衡検査
体のふらつき具合を調べるバランスをみる検査です。
聴力検査
耳の病気が原因かどうかを調べます。
画像検査(CT・MRI)
脳の病気が原因かどうかを調べます(脳梗塞・脳出血、脳腫瘍など)。
温度刺激検査 体のバランスを保つ耳の機能が正常かどうかを調べます。 耳に冷たい水を入れて刺激して調べます。

 めまいの治療法
薬物療法
めまいを起こす原因を改善するお薬と、めまいによって引き起こされる症状を抑える薬が処方されます。薬が飲めないほど症状がひどい場合には注射や点滴をします。抗めまい薬・循環改善薬・吐き気止め・抗不安薬・浸透圧利尿薬・ステロイド薬・ビタミン剤など。薬によっても症状が改善せず、日常生活に支障をきたす場合、外科的手術によってめまいを起こす神経を取り除くこともあります。



中医学で考えるめまい

中医学ではめまいを「眩暈(げんうん)」と言います。めまいは精神的素因や生活素因などで起こることがほとんどです。中医学の医学古典によると、「風(ふう)・痰(たん)・虚(きょ)」によりめまいが起きると記載されています。また、五臓でみると「肝(かん)・脾(ひ)・腎(じん)」が特に関わっています。これらを考慮しながら、めまいの原因を分析、治療していきます。





めまいの鍼灸治療



体質と原因に合わせた全身の施術が基本です。頭部と頚部と耳周囲に鍼やお灸をすることでバランスを整え、自律神経と筋肉(骨格筋)の緊張を緩和すると、めまいの程度や発作の頻度は低くなります。頭・目・耳の血流が促され、治療後に頭が軽く感じられた、視界がはっきりしたと自覚される方が多くいらっしゃいます。最近では、パソコンやスマートフォンの長時間使用、過労やストレスによる血行不良を肩こりや頭痛として自覚され、めまいと同時に訴えられるケースも多くなっています。肩こりの治療が、直接めまいの改善に繋がることもあります。
めまいで使う代表的なツボ:翳風(えいふう)、百会(ひゃくえ)など。



タイプ別鍼灸治療

肝火上炎(かんかじょうえん)
精神的ストレスにより発生した熱感や炎症が頭部を犯すことで、めまいが起きるタイプ。突然起きやすく、フワフワするめまい、鐘のような耳鳴りを伴うことがある。
随伴症状:目や顔が赤い、イライラ、怒りやすい、情緒変化で悪化する、口が苦い、便秘気味 など。
おすすめのツボ:風池(ふうち)太衝(たいしょう)など。

気血不足(きけつぶそく)
気(エネルギー)や血が不足することにより、頭部の栄養状態が悪くなり、めまいが起きるタイプ。立ちくらみやフラっとするめまい、横になると楽になり疲れると悪化する。
随伴症状:元々胃腸が弱い、倦怠感、食欲不振、便秘または下痢、顔色が白い、不眠、動悸 など。
おすすめのツボ:足三里(あしさんり)合谷(ごうこく)など。

腎精不足(じんせいぶそく)
加齢により脳髄が衰え、めまいが起きるタイプ。立ちくらみやフラっとするめまい、夕方以降に悪化しやすく、蝉のような耳鳴りを伴うことがある。
随伴症状:足腰がだるい、物忘れをする、お小水トラブル など。
おすすめのツボ:腎兪(じんゆ)関元(かんげん)など。

痰湿(たんしつ)
暴飲暴食などによる胃腸の不調で頭部の水分代謝が停滞、リンパ液の循環に影響してめまいが起きるタイプ。グルグルするめまいや嘔吐を伴う。
随伴症状:胸苦しく胃がつかえる、頭重感、食後に眠くなる、軟便、むくみ など。
おすすめのツボ:豊隆(ほうりゅう)、中脘(ちゅうかん)など。

瘀血(おけつ)
打撲などのケガやストレスによる血行不良により、めまいが起きるタイプ。
随伴症状:血圧が高い、顔色が暗い、頭痛、肩こり、生理痛、目の下のクマ など。
おすすめのツボ:膈兪(かくゆ)、三陰交(さんいんこう)など。

 ※暮らしのアドバイス

規則正しい生活をして寝不足にならないようにしましょう
過労や過度のストレスを避けましょう
定期的に適度な運動やストレッチをしましょう
禁煙しましょう
塩分や水分を摂り過ぎないようにしましょう
お酒やコーヒーは控えめにしましょう